前へ
次へ

小中学生と高校生での家庭教師の差

小学校の次は中学校に進学し、中学生の次は高校に進学します。
全ての人が該当するわけではないですが、中学や高校への進学は地元の学校を選択する人が多いでしょう。
電車などで通学しないといけないときもありますが、全く違う地域の学校に進学することはあまりありません。
一方高校の次に大学に進学するとき、必ずしも自宅近くの大学に進学するとは限りません。
通学ができないようなところでも下宿をしながら通う人もいるはずです。
家庭教師を利用するに当たって、小中学校と高校生において受験を目的にするなら少し注意が必要です。
小中学校なら家庭教師も地元の人がいて地元の学校対策もしやすいでしょう。
一方地元以外の大学の希望をするとき、その大学出身の家庭教師を利用するのは難しくなります。
同レベルの大学に通っている人に来てもらうなどが必要ですが、学校ごとの対策となると問題も出てきます。
高校生が大学進学向けに利用するときは注意しましょう。

Page Top